TRY-ALL english
バイオニク

筋硬度計 NEUTONE TDM-N1 Q&A

Q:  NEUTONE とはどういう意味ですか?
A:  神経を意味するNEUROと調子を意味するTONEを組み合わせ、命名いたしました。筋硬度を測定することにより神経緊張の度合い(調子)がわかります。
NEUTONEを用いて計測した単位を便宜上 tone とさせていただいておりましたが、現在はToneを単位として使用しておりません。1目盛を1ポイントと称しております。
Q:  特徴は?
A:  測定時の押し圧が一定になる工夫がされております。この機構の優秀性が認められ特許(PAT.4352022)を取得いたしました。この機能により、正確な測定がどなたにも可能となりました。
また、置針式のため、測定値が残ります。(ピークホールド機構)測定子がボールペンのペン先のようになっており、移動させての測定が可能です。硬い部分を探る時などに便利です。また、こんにちではNEUTONEの普及により、筋(軟部組織)硬度測定がより身近なものとなりました。
Q:  全長と重さを教えてください。
A:  おおよそ全長15cm、重さ250gです。
Q:  安すぎませんか?品質は?
A:  販売価格は皆様に無理なくご購入いただける価格にしております。また、品質に付きましてはISO取得の大手精密計測機メーカーにて一貫生産されております。技術力と企業良心により安価と高品質を実現しております。
Q:  保証は?
A:  弊社の責に帰するものにつきましては1年間の保証付です。また、保証期間が過ぎましても有償にて修理いたしますのでご安心してお使いいただけます。
Q:  NEUTONE の現物を見たいのですがデモ器の貸し出しはできますか?
A:  申し訳けございません。目下、貸し出しを中止しております。ご参考のため、当ホームページにて測定の説明動画がありますのでご参考ください。
Q:  海外への発送は?
A:  各国への発送承ります。送付方法は原則 EMS、代金は電信送金(T.T.)となります
Q:  測定値が一定しません。
A:  興味深いデータがあります。初めてNEUTONEをお使いの17名の方に発泡材(スポンジシート)を測定してもらいました。初回の測定での測定偏差は ±4 ポイントでした。その後、習熟する目的で1時間ほど繰り返し測定していただいたところ偏差は ±1 ポイント に改善されました。
習熟いただければNEUTONEによる誤差は無視できるほど少ないものと考えます。特に、生体への測定となりますと非検者の姿勢、緊張度などにより筋硬度が変化いたします。測定時の条件が一定になるようにしてください。
購入と同時にご使用したい方には特にアラーム付きをお薦めいたします。初めてお使いいただいくその時から正確に誤差がなく測定いただけます。
Q:  筋肉を正確に測定するには?
A:  筋肉の正確な測定には、(1)測定部位を一定にする (2)被検者の体位、緊張度を一定にすることが重要になります。重ねて「Q:測定値が一定しません」をご覧下さい。
Q:  測定値の扱いは?
A:  同じ部位を5回測定し、最大値及び最小値を除き、3回の測定値の平均を求め、測定値としてください。一般に求まったこの測定値は中央値とおおよそ一致いたしますので、5回測定の中央値を測定値としていただいても構いません。
Q:  パソコンへ測定データを取り込みたいのですが?
A:  デジタル表示式 TDM-Z1(RB) をご検討ください。マイクロSDカードを介してパソコンへデータをエクスポートできます。
Q:  校正は可能でしょうか?
A:  校正を承っております。また、使い込んだNEUTONEのオーバーホールも承っております。費用等はお問い合せください。
Q:  特別注文は可能ですか?
A:  可能です。さまざまなご用途にふさわしい設計ができます。是非、ご相談下さい。
Q:  食肉管理で検討しておりますが応用できますか?
A:  可能です。解凍状態、加工前後の硬度を評価いただけます。 また、納入業者との 納入基準の設定にも役立つと考えます。またご用途にふさわしく耐水仕様への改良も可能です。是非、お問合せ下さい。
Q:  産業への応用例は?
A:  自動車、オートバイ、ジェットバス(浴槽)、安楽椅子、枕、安全靴などの開発目的ですでに多数ご採用いただいております。
Q:  保管時の注意点は?
A:  特にご注意をいただきたい点は測定子に水分(汗等)がついたまま保管されますと測定子が固着することがあります。保管の前に必ず測定子に着いた水分、ほこり、汚れなどを少量の水道水若しくは無水アルコールで浸したガーゼ等で拭き取り保管してください。
Q:  誤って落としてしまいました。指針と目盛がずれています。修理できますか?
A:  表示機構部等の部品に損傷がなければ短期間で修理可能です。また、部品の損傷がありましても全機種についての交換部品を備えておりますので、修理可能です。(精密機器ですのでくれぐれも落下等にご注意ください)



このページの先頭へ

NEUTONEはRoHS指令に準拠しています