TRY-ALL english
バイオニクス

NEUTONE TDM-Z1 シリーズ

TDM-Z1シリーズは製造販売中止になります。» ご案内(PDF 30KB)

NEUTONE 硬度計だけの画期的な機構:CPD*

従来、デュロメーター硬度計においては、測定値の再現性が低いことが欠点でした。この欠点を、NEUTONE TDMシリーズは押圧ハンドルに組込んだ精密バネにより、動的な定荷重を試料(非測定物)に与えることで克服いたしました。また、画期的な、この機構(Constant Pressing Device:CPD*と称します)は他社の製品と異なる最大の特徴であり、漸進性が認められ、2009年に特許(4352022号)を取得いたしました。

今後とも、筋(軟部組織)硬度測定で培った要素技術を応用し、デジタル表示式TDM-Z1 シリーズのラインナップを充実してまいります。

透析シャント血管硬度計 NEUTONE TDM-Z1(PM)

TDM-Z1(PM)は透析シャント血管硬度の測定に特化した硬度計です。

  • ペン型のため正確なピンポイント測定が可能
  • 部位にあてがいプッシュで瞬時に測定
  • 特許CPD機構のため再現性の高い測定が可能
  • 小型軽量でポータブル
  • 充電池駆動で100V電源不要
  • 日本製 1年間保証

表層組織用 NEUTONE 硬度計 TDM-ZK1(RB)

TDM-ZK1(RB) は押圧を300グラムまで低減し、被験者への侵襲性を抑えました。同時に、測定子の形状を変更し、器官(肝臓など)、皮膚、脂肪組織、乳房組織など、表層の測定に最適化いたしました。
通常、軟組織の再現性ある硬度測定は困難を極めますが、動的な定荷重を付加できる画期的な機構:CPD*を備えた、NEUTONE硬度計は、真価を発揮いたします。ぜひ、いままで、不可能と思われた部位の測定にお試しください。

軟物質用 NEUTONE硬度計 TDM-ZF1(RB)

TDM-ZF1(RB)はゼリー、練り物、プロセスチーズ、軟質スポンジなど、軟物質の硬度測定に適します。もちろん、CPD*を備え、再現性ある測定ができます。

*TDM-ZF1(RB) での測定例と数値
  マシュマロ      = おおよそ 20
  台所用スポンジ  = おおよそ 25
  プロセスチーズ  = おおよそ 70
軽量、コンパクトで携行性に優れ、加工現場に持ち込め、その場で、測定できます。充電池駆動のため、100V電源も必要ありません。

TDM-Z1 シリーズ共通の特徴

  • 測定部にあてがいハンドルを押すだけで自動測定され、 測定値が表示されます。
    操作がより簡単になりました。
  • 業界初の機能として2〜9回測定の平均値を瞬時に表示できます。
  • 設定、操作など簡単で購入後はすぐにお使いいただけます。
  • マイクロSDカードを介して、測定データをパソコンへエクセルフォームでエクスポートできます。
  • 内臓充電池で駆動、携行性に優れています。また、わずらわしい電池交換は不要です。
  • 専用充電器、ビニールハードケース、マイクロSDカードが付属いたします。
  • 1年間保証
  • 日本製

TDM-Z1シリーズはユーザースペックでの特注を承ります。ぜひ、ご相談ください。

Constant Pressing Device:CPD*とは測定時の押圧を一定にし、再現性ある測定を可能にする機構です。また、自重ウエイト方式とは異なり、どの方向でも測定できます。

前履歴へ このページの先頭へ